読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あにょりもっも

気まぐれ旅行記みたいなものを目指したなにか

あおなみ線

あおなみ線」こと名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線は、東海道本線の貨物支線「西臨港貨物線」を全面改良して貨客両用路線にしたもので、名古屋~金城ふ頭の約15kmを結びます。

あおなみ線は全駅にホームドアが設置されています。

名古屋駅あおなみ線ホームは、新幹線ホームに近い位置にあります。

(この写真は初日の新幹線ホームからの景色。ホームドアと波型の屋根がついたこれが、あおなみ線ホーム)

 

線路はあおなみ線の電車が運行しない反対方向にも伸びていて、これを辿っていくと枇杷島駅の城北線の線路に繋がっています。あおなみ線はそもそもは貨物線、城北線は貨物列車は走っていませんが貨物線として計画された線ということで、こんな形になっているのでしょう。

 

散々変わった電車に乗りまくったせいで、あおなみ線が本当に平凡な電車に感じる。ちょっと変わった点をあえて挙げるとするならば、途中駅に止まった時にすぐ隣に貨物駅があって貨車がガシャン!!とかギギギギとか言ってるのが間近で聞こえるってことくらい。

それから、「名古屋臨海高速鉄道」や「西名古屋港線」といった案内表記は全くと言っていいほど見られず、「あおなみ線」とだけ案内されているのが印象的でした。

終点の一つ手前、野跡駅で下車。

金城ふ頭方面へと、まだ新しい高架橋が、延々と伸びている様子がわかります。 

奥に、とても高い位置に架かる斜張橋が見えますが、これは伊勢湾岸自動車道の名港中央大橋です。名港東大橋・名港西大橋と合わせて3つで「名港トリトン」と呼ばれています。実は昼にしれっとここの上を高速バスで通過してました。

(この写真は名港西大橋

 

どうせホームドア付き鉄道だし良い写真なんて撮れないだろうと思っていたら、野跡のホーム端なかなか良スポットでした。

 

さて、これにて名古屋とその近辺の変わった鉄道を巡る旅は終了です。お疲れ様でした。

次回からは、ここから北海道までどうやって帰ってきたのか…をお伝えしていきます。ちなみに、もう鉄道は使いません。飛行機にも乗りません。ということは、アレしかないですね?