読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あにょりもっも

気まぐれ旅行記みたいなものを目指したなにか

名古屋です!

何年かぶりの名古屋。

ていうか、ちゃんと観光するのは今回が初めてかもしれない。

なお、私の観光が「ちゃんと観光」に当たるのかどうかは置いておく。

 

とりあえず名鉄中部国際空港を脱出して名古屋に向かおう。

ええいミュースカイに乗っちまえええい!!!って感じでびゃーっと券を買って乗りました。このホームドアかっこよすぎでしょ。

海を横に見ながらガタン!ズガガン!!と走る感じはなんとなーく津軽線スーパー白鳥を思い出します。また、建ち並んだ民家の軒先をかすめるようにかっ飛ばすところや途中に要塞駅があるところ、急カーブで減速するところなんかはハマの赤いあんちくしょう京急っぽさも感じます。赤い電車ばっかりで空港連絡の特別列車は青いってとこもそういえば共通してるよね。

 

そんなことを考えていたら、列車はトンネルに入り、「どけよホーン」とか呼ばれている例のミュージックホーンを鳴らしながら名鉄名古屋駅に入りました。

 

 

わぁい名古屋だー!!!!!

きしめえええええええええええええええええええええええええええん

 

なんか気がついたら新幹線ホームに入場しちゃってましたけど、別に新幹線に乗ったわけじゃないです。新幹線ってやっぱり新幹線の無い地域の住民からしたら夢の乗り物ですからね、どうしても見たくなっちゃうんです。

 在来線の様々な列車も観察できて楽しいです。ちなみに、気動車特急「ひだ」が発車すると、新幹線ホームもディーゼル排気の良い香りに包まれましたw

 

そして名古屋から地下鉄に乗るっ!

普通の線路がある地下鉄なんて久しぶりですね(北海道民並の感想)

久屋大通で下車。

 

地上に出るとそこには…

大通公園にそびえ立つテレビ塔!!!!

…あれ??札幌に帰ってきちゃったかな????

名古屋にこのテレビ塔が建ったのは札幌より3年早い1954年。設計者は内藤多仲(さっぽろテレビ塔、東京タワー等も彼の設計)で、開業当初は東洋一の高さを誇ったらしいです。シルバーメタリック塗装がとてもかっこいい。開業当初のさっぽろテレビ塔も名古屋と同じ色だったらしいのですが、煤煙汚れが目立つ、雪の中で目立たなさすぎて危ない等の理由から赤色に塗り替えられています。

こちらは久屋大通の一本横、大津通(札幌でいうと北1条通かな?)

なにやら「基幹バス」と書かれた通常の市バスとは違うバスが。

さらに、道路中央になにやら「基幹バスレーン」なるものが出現したぞ。

 

というわけで次回のお題は「基幹バス」お楽しみに~