あにょりもっも

気まぐれ旅行記みたいなものを目指したなにか

【乗船記】商船三井フェリー「さんふらわあ さっぽろ」で行く大洗〜苫小牧 前編

あけましておめでとうございました。多忙と気力不足につき滞っていた2018.11.28の旅行記の続きになります。乗船から1ヶ月半も経過しているので、太平洋フェリーの時ほど書ける気がしませんがご了承くださいな。

 

本州〜北海道の移動は、道路は存在しないので、新幹線に乗るか、飛行機に乗るか、船に乗るしかありません。

今回は往路は飛行機でしたが、復路は船を選びました。というか、船に乗りたいからわざわざ大洗まで来たんですよ。決してガルパン聖地巡礼が主目的ではなかった。はず…

 

 

商船三井フェリーは大洗〜苫小牧を18時間ほどで結んでおり、船体に大きく太陽のマークが描かれた「さんふらわあ」の名がついた船を運航しています。運航ダイヤは大洗と苫小牧をそれぞれ夕方と深夜に出発する1日2往復体制ですが、夕方便と深夜便のどちらかが運休する日がわりと頻繁に存在しているので運航スケジュールはしっかりチェックしましょう。

出港予定時刻は1945ですが、もう真っ暗なので1700頃にはフェリーターミナルに入りました。

乗船手続きは、この自動発券機にネット予約時に発行されたQRコードをかざして進めます。飛行機のチェックインみたいですね。

なお、自動発券機のすぐ横には有人カウンターもあり、従来通り乗船名簿を書く乗船手続きも可能です。

乗船券はカードキーになっています。しかし私が乗るのはコンフォートと呼ばれている開放寝台なので、こいつがカードキーの役割を果たすことはありませんでした。

ターミナルビル裏手から眺めた今回乗る「さんふらわあ さっぽろ」。2017年に就航したばかりのピカピカな新造船です。

フェリーターミナル内も綺麗ですが、レストランは営業しておらず、売店も1730に閉まってしまうので、小腹が空いているならここに来る前になにか買っておくべきでしたね…はやく船に乗りてぇ…

1800を回ったところでようやく乗船開始!出発までまだまだ時間があるので風呂入って飯も食っちゃいましょう。

 

今回のお部屋「コンフォート」です。2段寝台ですが、上段へのアクセスはハシゴではなく階段、寝台内にはコンセントとテレビ(イヤホンつき)が備え付けられていて、カプセルホテルみたいな感じですね。

寝台内のテレビは、地デジ・BSのほか、船の現在位置案内や、安全ビデオなどが流れているチャンネルもあります。

廊下にはコイン返却式のコインロッカーがありました。

 

※お風呂の中の写真は、入浴客がもう誰も居るわけがない入港直前に撮りました

シャンプー・ボディーソープ備え付け、洗面所にはドライヤーも備え付けられています。脱衣所にも鍵付きのロッカーがあるので安心です。脱衣所内に飲料水の給水器が置いてあるのも嬉しいです。

 

風呂に入ってさっぱりした後は、レストランで夕食です。

ハンバーーーーーーーグ!!!!!!!!!!

この船の夕食はセットメニュー形式になっていて、メインの料理を1品選ぶと、それにサラダ・ライス・パン・デザート・ソフトドリンクバーが付くというもの。お値段は1500円。本日のメインは海鮮丼・豚しゃぶ・ハンバーグ・和食膳の4択だったので迷うことなくハンバーグを選択。私が逸見エリカだ

別料金のサイドメニューもありますが、私みたいなケチ人間は白飯とツナサラダとケーキで腹を満たそうとする。まぁでも船旅なので後から苦しくなると嫌なので程々にしました。オニオンスープが美味しかった。

このレストラン、夕食だけで食券を買うと1500円、朝食バイキングだけだと1050円なんですが、夕・朝セット券が2300円なので、どっちも利用するならセット券を買うのがお得です。ですけど波が荒れそうというのにビビって朝はガッツリ食わず適当に済ませようというアレを発動していた私は朝食バイキングには行かないことにして買いませんでした。買っときゃよかったなぁ…

そもそも乗客がそんなに多くない11月の平日ですので、レストランは空席も多く、私は1人でしたが広いテーブルを占拠していても怒られませんでした。

 

レストランでまったりオニオンスープを飲んでいると、1930に船内放送で船長さんが挨拶をはじめました。飛行機の機長挨拶みたいだなーとか思ってたら、船がぐわっと揺れ始めました。あれ!?もう離岸してる!?

レストランを出てデッキに出た時には、船は岸壁から離れ前進し始めていました。

大洗港には、深夜に苫小牧を出てきたさんふらわあしれとこが既に到着していました。この船はまた大洗を深夜に出港します。深夜便はメインターゲットがトラックドライバーなので、我々が乗っている夕方便とは違い豪華な設備や食事は無く、その代わり運賃がお安くなっています。

さらば大洗!さらば本州!

船は北へ向けて暗い夜の海へと突き進みます。

 

では船内設備をいろいろ見ていきましょう。こちらは飲料水の給水器と給湯器。紙コップも貰えるので歯磨き等にも使えますし、給湯器からは熱湯が出るのでカップ麺を船内に持ち込んでも大丈夫です。 

飲料・アイスクリームの自動販売機。アルコール類も豊富に取り揃えていますが、 2300〜0500の間は販売停止となっているのでご注意。

なお、船内には売店もあり、菓子類やパン・カップ麺のほか、茨城や北海道の土産、さんふらわあオリジナルグッズなどを扱っています。船上でありながら電子マネー楽天Edyに対応しているあたりがとても新造船*1。私は明日の朝に備えてここでカップ麺を買いました。

コインランドリーもあります。

新造船だけあってトイレも綺麗です。

なお、外洋を往くフェリーのため、嘔吐用便器、通称ゲロ吐き台“シーシック用流し”はしっかり装備されています。幸いにもお世話にならずに済みましたが。

船の揺れに関しては、しっかり上下に揺れているのがわかりますが、そんなに気持ち悪くなるような揺れではありませんでした。むしろ心地良いです*2

この船の特徴である右舷の吹き抜け部分。狭くて電波も来ない寝台内に引きこもるのが辛くなってきたら、ここに出てくれば開放感と電波を得ることができます。北行きでは陸と反対側なのですが、窓際に装備された機器をよく見るとNTT docomoの文字が。こいつのおかげで陸からある程度離れた、太平洋フェリーでは電波が届かなかった海域でも平然と通信ができてしまいました。新造船だなぁ…

フェリーにはほぼ必ずあるゲームコーナー。規模は小さいものの新造船にもしっかり受けがれました。この日は遊んでる人は皆無だったけどな…

遊んでる人が皆無っていうと、このキッズコーナーも終始誰も居なかったな…誰も観ていない中でも謎のオリジナルアニメが流れっぱなしになっていました。

 

寝台内でBS放送を観たり(地デジは陸から離れると画質が悪すぎて見れたもんじゃなかった)、時々デッキに出て強風に煽られたり、ラウンジでTwitterしたりして過ごしました。船内は案外退屈しないですよ*3。乗客も少なく静かなので寝やすかったはずなんですが、夜中に何度か目を覚ましてしまい船内を彷徨いていました*4

 

では、夜明け〜苫小牧到着までは後編で語ることにして今回はここまでにします。おやすみなさい。

*1:まぁ船上で電子マネー使えるのここだけなんですけども

*2:個人の感想です

*3:これも個人の感想です

*4:フェリーでも夜行列車でも私はだいたいそうなる

大洗です!

ついにやってきたわに!

厳つい黒塗りのタクシーに似合わないポップなラッピングがいかにも大洗って感じであります。

大洗駅と港を結ぶ真新しい道路*1

とりあえずマリンタワーにでも登りましょうかね。

マリンタワーから眺めた大洗フェリーターミナルの様子

停泊しているのは、大洗〜苫小牧を結ぶ商船三井フェリーの「さんふらわあ さっぽろ*2

大洗の街を一望できます。

カーブしている高架橋は、水戸方面へ伸びる鹿島臨海鉄道大洗鹿島線です。壮観ですね。

で、望遠レンズに付け替えて撮ってみようかなぁとかやってたら、さっきまで乗ってた汽車が水戸から戻ってきちゃってました。

 

 

タワーを降り、タワーの少し南西へ。

以前「大洗リゾートアウトレット」だったここは、運営者が変わって「大洗シーサイドステーション」としてリニューアルされていました。

例のエスカレーターは健在。ガルパングッズのショップも入ってます。

テナント募集中…人通りが少ないので写真は撮りやすいっすけどね…

 

日が傾いてきましたが、まだ時間があるので散策を続けます。この季節はアホみたいに日が沈むのが早くてつらい。そして、雑に写真を撮りまくっているせいでバッテリー残量が不安になってきましたね…

大洗磯前神社の大鳥居

夕刻の神社というのも雰囲気あって良いですね。

ここで旅の安全を祈願しました。

そして、ミホーシャ無茶しやがって…の石段

 

すっかり暗くなってしまいました。そして、こんな路地にあるなんの変哲もない釣具屋さんとか肉屋さんとかにまでガルパンの立て看板やらポスターやら貼ってあるのがとても大洗って感じですね。さも当たり前のように大洗女子のセーラー服が吊るしてあるクリーニング屋さんとかもうね。この街はもう少し時間をかけて改めて散策したい。ガルパンの最終章が完結した後に…*3

さて、マリンタワーから北海道行きのフェリーを見下ろしていたあたりでなんとなく察しがついていたかもしれませんが、大洗からはフェリーに乗って帰路に就きました。というかフェリーに乗るために大洗に行ったって言ったほうが正しい気がする。というわけで次回から久々の乗船記書きますよー。ではまた来年!*4

*1:「きらめき通り」という名がついている

*2:ガールズ&パンツァー劇場版に登場した船は引退しており、これはその代替船として就航した新造船

*3:完結する日は来るのか

*4:旅から一ヶ月も経ってしまったので太平洋フェリーの時ほど詳細には書ける気がしない

大洗鹿島線です!

すごく良い雰囲気の新鉾田駅

ここから乗るのは鹿島臨海鉄道大洗鹿島線です。ざっくり言うと水戸〜大洗〜鹿島を結ぶ路線で、国鉄路線として日本鉄道建設公団によって建設され、国鉄再建法のアレで第三セクターで開業したというローカル線。しかしローカル線とは言っても国鉄路線として鉄建公団が建設した路線なので、踏切が殆ど無い無駄に高規格な路線です。以前名古屋で乗った城北線*1にも似た雰囲気を感じるのはそこかぁ。

ちなみに、大洗鹿島線ではICカード乗車券は使えません。というか自動改札機自体無い…*2

二両編成の気動車列車がやってきました。

んんーーー!?

ガルパンラッピング車じゃないですかぁ!!!

ガルパン車が並んだ!?!?

てなわけで、これに乗って大洗へパンツァー・フォーです。

関東では珍しい転換クロスシートです。座り心地がとても良い。

快いエンジン音とジョイント音を響かせ、こんな風景の中を走っていく。

そして無言で見下ろしてくる五十鈴殿。

そしていつの間にか右手にマリンタワーと停泊中のフェリーが見えてきました。

大洗だー!

しかし改めて眺めてみるとすげぇ汽車に乗ってきたな…

乗ってきた汽車は、すぐに水戸へ向け発車していきました。

なにっ!?ここにもガルパンラッピング車が居るではないか!

Ⅳ号車て…

なんだか数年前より明らかエスカレートしてませんかこれ…

新鉾田〜大洗はあっという間でしたが、いろいろと楽しい路線でした。

 

次回の内容はお察しください。

関鉄グリーンバスです!

さて、茨城空港からこのバスに乗って新鉾田駅を目指しましょう。

 

私の他に乗客は地元の高校生と思われる人しか乗ってませんが、これは本当に空港連絡バスなんでしょうか…

バスは空港を出てすぐに道幅がそんなに広くない県道に入り、長閑な田園風景の中を結構良いスピードを出して突き進んでいきます。

 

ところで、空港に居た時から暖かいなぁとは思ってましたが、バス車内暑っつ!!なんでこんな暖かいのに暖房なんて入れてんの?!?って言って11月なのにTシャツ一枚になる北海道民

 

新鉾田駅の手前で、「鉾田駅」という名前のバスターミナルに到着。駅を名乗っていながら鉄道の無い場所なのですが、ここはかつて鹿島鉄道の終着駅があった場所です。鹿島鉄道は、石岡駅と鉾田駅との間を結んでいて、夕張鉄道から転属した気動車なども活躍する路線でしたが、百里基地への航空燃料輸送という収入の要を失ってから業績が悪化して、遂に2007年に廃止されてしまいました。

石岡側は廃線跡がバス専用道路として再整備され、石岡駅〜鉾田駅・茨城空港を結ぶバスが行き交っていますが、今回乗っている茨城空港新鉾田駅のバスが通るルートには廃線跡バス専用道路はありませんでした。

鉾田の市街地で他の乗客が皆降りてしまい、遂に乗客が私一人になったバスは、市街地を抜け、ちょっと町外れ感のあるところにある高架駅の駅前に到着。

ここが新鉾田駅です。

 

さて、実は茨城空港〜鉾田を結ぶこの便利なバス、一日にたった一本しか走っていません。まぁ、どう見ても空港連絡バスとは思えない客層*1を見ると、まぁ、そうなるな…って感じですが…

 

それでは次回はいよいよここから汽車に乗りますよ!

*1:結局、私の他にバスに乗っていたのは地元の中高生数名だけだった

茨城空港です!

茨城県小美玉市にある百里飛行場。長らく航空自衛隊専用の飛行場でしたが、2010年3月11日から民間ターミナル「茨城空港」ができて、国内線はスカイマークが独占、国際線はちらほらと韓国・中国などからLCCが飛来する空港になっています。

そんな長く立派な二本の滑走路*1にちょびっとくっついている小さなターミナルの展望デッキで飛行機撮影といきましょう。

展望デッキはご覧のようにガラスのフェンスが設けられています。下の僅かな隙間から狙うか、素直にガラス越しに撮るか選べという感じですが、自販機もトイレもある空港で気軽に戦闘機を撮れるという環境は素晴らしいと思います*2。なお、開港直後、ここのガラスは旅客機の止まる正面は見えるけど自衛隊施設のある左側を斜めに見ようとすると曇ってしまうという特殊ガラスだったそうですが、今では斜めでも透き通って見えるようになっています。

私達が千歳から乗ってきた機体です。

自衛隊基地のほうを見ると、F-4ファントムがたくさん居ますね。首都圏唯一の戦闘機部隊にして、1970年代の戦闘機*3であるF-4EJ改の飛行隊を二個抱える基地として、日本のみならず海外からも注目を集める基地だったりします。

この痛タラップ、よく見るとあんこうチームの5人に加えてウサギさんチームの山郷あゆみ選手も居るんですね。出身地が小美玉市ということでここに加わっているようです。それでさっきの記念撮影板もウサギさんチームだったんですねー。

修学旅行生を載せ、那覇へ向け出発する機。普通、出発時にはトーイングカーを繋いでプッシュバックしてもらう形で出ていきますけど、この空港ではそんなもの使いません。ジェット機だろうが最初っから自力走行でくるっと回ります。

 

滑走路南端まで行って向きをくるっと変えます。離陸は先程の着陸とは逆方向の03Lになるみたい。

スピードを上げながら目の前を通過していく機。滑走開始の時点でだいたいわかってたけど、機首を上げる素振りもまだ見せないまま走り去って行きました…w

 

さて、これからしばらく旅客機の発着はないし、自衛隊側にも目立った動きがないので、ここらへんで昼飯でも食いましょうかね。

展望デッキの出入り口のところにある、すぎのや本舗で「しょぼろ納豆そば」を注文。

しょぼろ納豆というのは、切り干し大根が混ざった納豆で、茨城の郷土食です。

920円かぁ…とも思いましたけど、美味いし、思ったより量もあるし、なかなか良かった。

なお、茨城空港の中に飲食店はここの他に、すぐ奥のとこにカフェがあります。

滑走路と反対側、ターミナルビルの正面を眺めてみると、広い駐車場がありました。The地方空港って感じの風景で良い。

 

さて、展望デッキに戻ると、望遠レンズを担いでなにやら無線を傍受しているおじさんが撮影準備を始めている。そろそろ何か飛ぶようですね。

F-4EJ改が3機続けて轟音を撒き散らして上がっていきました。かっこいい。

救難ヘリUH-60Jも上がりました。

T-4練習機*4がこんな飛行を披露してくれました。

F-4EJ改も魅せてくれました。え?なぜ航空祭でもない平日にこんな飛行をしているのかって?実はこれの次の日曜日*5百里基地航空祭だったので、それの練習をやってたんです。だから旅客便の発着がぜんぜん無い時間帯なのに展望デッキにそこそこ人が居るわけです。ていうか私もちょっとこれ目当てでこの時期に茨城訪問することにしたわけだし*6

着陸時、機体後部からパラシュートを展開して減速するのがF-4の魅力のひとつ。

キャノピーを開けてタキシングする様子。

これは救難捜索機U-125A

偵察飛行隊のRF-4EJの離陸。迷彩がとてもかっこいい。

 

各地の航空祭で注目を浴びている特別塗装機なんかはこの日は見れませんでしたが、気軽に濃厚なF-4ワールドを味わうことができて楽しかったです。しかし、百里ファントムランドも先は長くありません。第302飛行隊は来年度から三沢へ移駐して最新鋭戦闘機F-35Aへの機種改変が決まっており、残る第301飛行隊も再来年度には同じくF-35Aへの機種改変と三沢移駐となる予定。F-4ファントムおじいちゃんが元気なうちにみんなも会いに行こう。

空港ターミナルビル横の公園には、既に退役したF-4も展示されているよ!

 

航空機利用者なら500円で茨城空港から東京まで連れて行ってくれるというバス。えっ、なにそれ超便利…今度から安く東京行きたいときは成田じゃなくて茨城にしようかな…

で、今回私が乗るバスはこっち。新鉾田駅行きです。常磐線石岡駅へ向かうバスなども出ています。他にも、水戸駅へ向かうバスもありますし、本数は少ないですがつくば等へ向かうバスもあります。

 

公共交通機関がバスしかないとこなので、航空祭の時なんか大変なんだろうなと思いましたけど、ちょっと離れたところに大規模に駐車場を設けて、大量のシャトルバスを運行してなんとかしたみたいで、すげぇな…って思いました。

 

余談ですが、今回の撮影には先日購入したTAMRONの100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USDを使用しました。これまで散々望遠レンズ欲しいって言ってたけど、いざ望遠レンズを持ってみると重い重いと言い出す雑魚である。でもやっぱ望遠は楽しい。

 

てなわけで次回に続きます。

*1:民間ターミナル側の03L/21Rが民間用、自衛隊基地側の03R/21Lが自衛隊

*2:千歳だと自衛隊側の滑走路は空港の展望デッキからは見ることができない

*3:米国でF-4原型機が初飛行したのは1958年。は?60年前???

*4:T-4練習機とは、戦闘機パイロットの訓練のために開発された国産機。アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の三代目も努めている。

*5:2018年12月2日

*6:航空祭当日に行きたかったけども、スケジュールの都合で無理だったし人混み嫌いだし…

【搭乗記】スカイマーク790便 千歳→茨城

2018年11月28日朝、新千歳空港

今回の旅も、スタート地点はここです。いくら鉄道や船が好きだと言っても、飛行機の利便性には甘えざるを得ません。というか飛行機も好きだし。

今回もスカイマークです。スカイマーク好きだというのもありますが、茨城空港はそもそも国内線はスカイマークしか発着していませんので選択の余地がありません。茨城空港に飛ぶのは今回が初です。果たして茨城空港はどんな空港なのか、わくわくしますね。

自動チェックイン機で搭乗券を発行して、スカイマーク専用と化している保安検査場Eを出発40分前くらいに通過。空いているのでこれでもまだ時間に余裕がある感じです。

今回の搭乗機はJA73NK(B737-800)。スカイマークは現在B738のみを運用しています*1

いざ搭乗!スカイマークはこれまで何度か乗ってますが、運賃が安い*2割にサービスは安っぽくない*3ので好きです。今回もお気に入りの後部の左窓側席を確保。眺めもよくトイレも行きやすい*4し、降機を急ぐ人でないならおすすめの席です。

定刻の0900より10分ほど早く出発しました。ガタゴトと南側へタキシングして、01L*5から離陸します。

今回も新千歳空港俯瞰図を撮影。

夏に千歳に来た、来年度から運用が始まる新型政府専用機(B777-300ER)の姿も捉えました。

その後すぐに旋回して針路を南に。雲の中に突入し激しく揺れますが安全運航に問題はありません。機体には問題なくても私の寝不足の身体には激しいダメージになるんだよなぁ*6

雲の上に出ると揺れは収まり、高度36000ftでの快適な雲上飛行に移行。先程のダメージによる若干の吐き気もすぐに収まり、足元に地味にあるコンセントでスマホを充電しながら無料配布されたキットカットを食います*7

 

宮城県上空から少しずつ高度を下げていきます。

途中から雲が途切れ、本州の大地を見下ろしながら飛行。

北海道はもう雪の季節ですが、こちらはまだ紅葉が見頃。

茨城の大地が迫ってきます。こうして見下ろしていると北海道と似たような雰囲気を感じる。

21Rに着陸。こんな田舎の空港に、なぜ滑走路が二本も…!?なんて思う人が居そうなので説明すると、茨城空港って、航空自衛隊百里飛行場にちょびっと民間ターミナルくっつけたって感じの経緯で開港したとこなんですよね。

なので着陸して滑走路を出ると直ぐにターミナルがあります。ターミナルビルに対して斜めに駐機しました。定刻1030より10分ほど早い到着*8

ターミナルにはPBB(旅客機とターミナルビルとを接続する搭乗橋)が備えられていません。タラップを降り、外を歩いてターミナルビルへ向かいます。

しかし、この空港、思ったよりだいぶガルパン色に染まってんなぁ…

さて、空港からバスで新鉾田駅に向かいたいのですが、新鉾田駅行きのバスは3時間後までありません。というわけで、それまで空港で飛行機の写真でも撮って暇を潰すとしましょうか*9。というわけで次回は茨城空港で撮った写真を貼りまくる記事になります。興味無い人は飛ばして読んでね!

 

*1:そろそろ新機材投入の噂もあるけども

*2:今回の千歳→茨城は、いま得で5,970円だった

*3:大手航空会社と同じシートピッチ、座席指定も手荷物受託も無料、機内販売も変に高額じゃない

*4:隣二席が空席になりやすく、また後部はトイレが2つあるので前より良い

*5:滑走路の名前は、方位角度を示す数字(北向きを0°として160°なら16になる)で示される。滑走路が並行している場合は左右にそれぞれL/Rを付けて呼ぶ。

*6:寝不足で飛行機に乗るのはやめようね

*7:路線によってはコーヒーまで無料になる。残念ながら千歳〜茨城や千歳〜羽田は対象外だが。

*8:スカイマークは2017年度の定時運航率No.1を誇っている

*9:暇つぶしとか言いながらこれが目的だったんじゃないかって?そのとおりだよ!!

2018.11.28〜29 茨城旅行記

先週、ちょっと茨城県に行ってきました。1泊2日のあっという間の旅でしたが、まぁ今回もいろいろあったので何記事書けるかアレしていきますよ。